サイトで稼ぐ手法の種類【サイトの規模や専門性による分類】

サイトで稼ぐ手法の種類【サイトの規模や専門性による分類】

オフ 投稿者: sesera

こんにちは、このサイト運営者のせせらです。

ブログやサイトを運用する際には、必ず手法を考えてから運用した方が効率的です。

このブログは趣味半分の気まぐれで作成したので、効率の違いが良く分かります(笑)

運用方法の種類

運用方法は大きく分けてこんな感じです。

  • ペラサイト
  • 特化型サイト
  • ジャンルサイト
  • パワーサイト
  • 雑記ブログ

それぞれに具体的な定義がある訳ではありませんし、人によって認識も違うので注意してください。

今回紹介させてもらうのは、あくまで一例です。

ペラサイト

パソコンでブログサイトの編集を行う様子

ペラサイトは1記事程度の小規模サイトの事です。

運用の方法としては、ペラサイトを量産して利益を拡大しています。

人気のキーワードなどはライバルが強く太刀打ちできませんが、ニッチなキーワードを狙う事で、1サイトにつき1つの物事しか書かないペラサイトはサイトの専門性という点で高い評価をされ、ペラサイトの様な小規模なサイトでも十分検索順位上位を狙えます。

ですが、ニッチなキーワードだけあって検索数も少ない事が多く、検索順位上位を取れたとしてもがっぽり稼ぐ事は難しいです。なので、このようなペラサイトを量産して稼ぎ口を増やすのがペラサイトの戦略です。

ペラサイトを量産する方法ではドメイン代が掛かってしまうというデメリットがありますが、ペラサイトは他の方法に比べて利益が発生するまでが速い事が多く、キーワード選定さえしっかりすればすぐにドメイン代以上に稼ぐ事が出来ます。

特化型サイト

スーツ姿でスマホを紹介している男性

特化型サイトとは、1つのカテゴリーに特化したサイトの事です。

例えば、パソコンに関しての特化型サイトだとしたら、「パソコン 安い」や「パソコン CPU」という様に、パソコンに関して一番詳しいサイトを目指して作っていきます。

この戦略はサイトの専門性が高くなる事や、内部リンクを設置しやすい事などから検索順位で上位を取りやすく、リピーターも獲得しやすい為、それなりの記事数を書けばかなりのアフィリエイト収益を期待できます。

ですが欠点もあり、カテゴリーによってはネタ切れしやすかったり、サイト内の記事が似やすいので、サイトの構成をちゃんと練らないとGoogleからの評価が分散してしまう可能性があります。

とは言っても、サイトの構成を練れば済む話ですし、ネタ切れした頃にはそれなりのサイト規模になっているはずなので、特化型サイト特有の欠点はほぼ無いに等しいですね。

SEO的にも強く致命的な欠点も無いので、堅実に稼ぎたい人にオススメの手法です。

ジャンルサイト

パソコンやヘッドフォン、モバイルバッテリーなどが置いてある

ジャンルサイトは1つのジャンルに関して書いていくサイトの事で、特化型サイトとよく似ていますが、ジャンルサイトは少し違います。

例としては、ネット関係の事だったりスポーツ関係の事だったり、特化型サイトより規模の大きいジャンルを扱います。なので、ネタ切れがしにくく、大きな規模のサイトを作りやすいです。

ジャンルサイトは特化型サイトよりは専門性に少し劣りますが、1つのサイトで狙えるキーワードが多く、特化型サイトより多くのキーワードから集客しやすかったり被リンクを受けやすかったりります。

また、専門性で劣ると言っても、サイトの規模が大きいなどの影響でジャンルサイトの方がSEOパワーの点で有利になる場合が多いです。

パワーサイト

ムキムキの男性の写真

パワーサイトは、とにかく多くの記事を投稿し沢山のキーワードで検索順位上位を狙いつつ、サイトの規模や運用歴でSEOパワーを高めたサイトです。

なので、サイトを作り始めた頃はページの検索順位が全く上がらず、アフィリエイト報酬もぜんぜん発生しませんが、運用すればするほどSEOパワーが上がって検索順位上位を取りやすくなり、軌道に乗れば収益が右肩上がりでどんどん増えていきます。

そして検索順位が高くなれば被リンクを貰える事が多くなったり、ブックマークされたりで更に有利になるので、検索順位が安定しやすいですし、コンテンツが育てばロングテールのキーワードでの上位表示も狙えます。

ですがパワーサイトにも大きな欠点があり、サイトのそれぞれのコンテンツが育たないと検索エンジンからの流入に期待できません。なので、サイトが軌道に乗るまで耐える事がカギになってきます。

雑記ブログ

自転車と芝生に寝そべっている男性

雑記ブログはテーマなどを決めずに様々な事を書いていくブログです。なので、検索順位的には不利になる場合が多いですが、それなりの記事数を書けば上位表示も十分狙えます。

それに、雑記ブログは敷居も低く負担も少ないので、ブログを継続させやすいというメリットがあり、更にジャンルに縛られない為、ニッチなキーワードを狙ってみたり、商品を紹介してみたりなど、様々な事にチャレンジできます。

ですがSEO的に不利という事もあり、ライバルの少ないキーワードを狙ってみたり、それなりの記事数を書いてみたりしなければ、検索順位上位を狙う事は難しいです。

なので何事にも縛られずにマイペースでサイトを運営していきたいという人にオススメの方法です。