ブログの1記事の適切な文字数はどのくらいか【SEO】

ブログの1記事の適切な文字数はどのくらいか【SEO】

オフ 投稿者: sesera

皆さんはサイトを作っている際に、1記事に対する文字数はどの程度が良いのか気になった事はありませんか?

文字数に関して検索を掛けてみると、1500文字でも上位が狙えるという記事もあれば、最低5000文字は欲しいという記事もあったりと様々な意見が出てきます。

正直この質問に正確な答えは無いと思いますが、大体どのくらいの文字数を基準に書いたらいいのかのがあった方がブログも書きやすいです。なので、今回は1記事に対する文字数はどのくらいが良いのかを書いていきたいと思います。

ブログ1記事の文字数について

ブロガーの仕事道具

そもそも文字数という物事態そんなに重要な数値ではなく、あくまで1記事の中にどのくらいの情報が入っているのかを調べる目安の数字です。

Google側も文字数については考慮していませんし、文字数を多くすればGoogleから高い評価が貰えるという訳でもありません。ですが、記事の中の情報量が他のサイトの記事より少なければ、検索順位で上位を狙うのは少し難しいですよね。

なので、文字数は少なすぎると駄目という事は明白です。

では逆に多すぎる文字数だとどうなるでしょうか。

文字数が多すぎるとその記事をせっかく読みに来てくれた人が途中で飽きて帰ってしまう為、ページの平均滞在時間という数字が悪くなってしまい、結果的にGoogleからの評価が下がってしまう場合があります。

なので、

  • サイトの文字数が少なすぎると情報量が少無くなってしまうのでダメ
  • サイトの文字数が多すぎると途中で帰ってしまうのでダメ

という事になります。

1記事の文字数は記事の質ありきの数字

カフェでタイピングをしているwebライター

この記事ではブログの1記事の文字数に関して書きますが、文字数よりも圧倒的に記事の質の方が重要です。

ただ、その記事の質を重視していると自ずと文字数は多くなります。

今回、「特化型ブログは1記事3000文字前後が良いよ」などと書きましたが、それは記事の質が高い前提の話なので注意して下さい。

適切な1記事当たりの文字数とは

困ったジェスチャーをするビジネスマン

最初の方で書いた通り適切な文字数など存在しませんし、ライバルの強いキーワードなんかは多くの情報量が必要だったりするので、一概には言えません。ですが、1記事あたり大体どのくらいを目安にしたらいいのか、という基準はあった方が良いです。

なので、あくまで私が検索順位上位のサイトをざっくり分析してみたり、自身のサイトで記事を書いた経験による物ですが、紹介したいと思います。

アフィリエイト人気キーワードの場合は1記事5000文字以上

アフィリエイトの人気キーワードの場合は5000文字以上が無いと厳しいと感じました。

ここで言う人気キーワードというのは、「クレジットカード」や「保険」などのキーワードに他のキーワードを混ぜた複合キーワードで、正直「クレジットカード」などの1個だけの人気キーワードで検索順位上位を取るのは現実的ではないと感じます。

なので、あくまで複合キーワードです。

もちろん複合するキーワードによっても変わりますのが、私は5000文字以上を目安にしています。

トレンドブログの1記事の文字数は1000程度

トレンドブログの文字数は1000文字でも十分です。

というのも、トレンドブログのキーワード事態、なるべくライバルの少ない早い段階で記事を作成する事が殆どなので、1000文字程度でも検索順位上位を狙えます。

ですが、あまりに文字数が少ないとペナルティを受ける可能性があるので、ペナルティを受けずにそれなりの内容を書ける1000文字を基準にするのが良いと思います。

特化型ブログの場合は1記事3000文字前後

特定のキーワードについて詳しく書いたサイトを作り込む特化型ブログですが、検索順位上位には大体3000文字前後の記事が多いです。

特化型ブログは、特定の事について詳しく書くという性質上、記事同士の内容が一部被っていまう事があり、ペナルティにはならないと思いますが、評価が分散してしまうので記事同士の内容被りは避けたいです。

なので、私的には1記事3000文字前後がちょうどいいと思いました。

それに、独特な書き方をしない場合はその程度の文字数が見やすく感じますし、これは他の方でも誤差はあるものの同じように感じている方が多い様に思います。

雑記ブログの場合は1記事2000~4500文字

特にテーマなどを絞らずにサイトを作る雑記ブログですが、大体2000~4500文字が良いと思います。

雑記ブログなので、記事に書ける内容が多い場合もあれば少ない日もありますよね。なので、1記事2000~4500文字と数字を開けています。

雑記ブログに関しては前から興味がありましたが、私自身やってみた事が無いので、雑記ブログに関して検索をしてみて、他の方の記事を一通り見た結果1記事2000~4500文字にしました。

雑記ブログ自体、自由に書いている方が多いと思うので、文字数とかは全く考えずに書いている場合が多いと思いますけどね。

少し特殊な場合の文字数

例えば、「リンゴは英語で何という」という問いに対しては「Apple」という一言で回答できます。

もし他に何かを付け加えなければならないとしたら、その言葉の語源くらいですかね。

このようにすぐ答えが出るような場合は、長く記事を書くよりも訪問者が求めている情報を単純に書くだけの方が良いです。

ですがトレンドブログ同様に、文字数が少なすぎてペナルティを受ける事が無いように、何か関係する事を書いて1000文字程度は書いた方が良いかもしれません。

キーワードによる文字数の決め方

グラフなどの資料が机の上に置かれている画像

キーワードごとに目安にした方が良い文字数が違うと書きましたが、では、キーワードごとに文字数を決めるにはどうしたらいいでしょうか。

それは、狙っているキーワードで検索をしてみて、検索順位上位の方のブログの記事の文字数の平均を出すという方法がオススメです。

検索順位上位のページの平均文字数が本当に良いのかは分かりませんが、成功している記事に倣う事は重要です。なので、成功している人に倣って検索順位上位者の記事の文字数を参考にしてみましょう。

ちなみに、私は検索結果の上から5人を参考にさせてもらう事が多いです。

文字数を多く書くよりもキーワード選定をしっかりした方が良い

物凄い速さでタイピングをする人

PV数を増やしたい場合は、ライバルの多いキーワードで文字数が多く質の良い記事を書くよりも、キーワード選定をしっかりしてライバルの少ないキーワードで戦った方が圧倒的に効果があります。

例えば、検索順位上位5人の平均文字数が2000文字だとしたら、1記事3000文字の記事を作成すればその人たちを抜けるかと言われたら、答えはNOです。

検索順位上位のサイトは既に多くの上質な被リンクを貰っていたり、ブログ事態の作り込みも凄い事が多く、単純に情報量の多いページを作れば上位を取れるという訳ではありません。

なので文字数関係に時間を使うより、ライバルの少ないキーワードを狙う様にキーワード選定に力を入れた方がPV数はすぐに伸びるでしょう。

記事を書く際に気を付けてほしい事

人差し指を立てる女性

目安の文字数を決めて記事を書く際に気を付けて欲しい事があります。

それは、文字数を無理に意識しない事です。

私の経験で、目安の文字数を決めて記事を書いている際に、書く内容によっては目安の文字数に達するのが難しいと感じる事があります。

そこで記事の本題から少しずれた事を書いて無理に文字数分を書くと、訪問者が記事の途中で帰ってしまい、滞在時間が短くなってしまうので好ましくありません。

なので無理に文字数分を書こうとしない様に気を付けて下さい。

まとめ

今回はアフィリエイトの1記事当たりの文字数に関して書きました。

文字数に関してあれこれ書きましたが、結局は『読者さんがどう思うのか』が一番大切です。

読者さんが「情報量が足りない」と感じてしまったら、それは文字数を増やした方が良いですし、
読者さんが「長すぎて飽きる」と感じてしまったら、もっと文字数を減らして完結にまとめた方が良いという事になります。

GoogleのAnalyticsでは記事の平均滞在時間が確認できるので、その数値を見ながら調整を繰り返してみて下さい。

少しでも参考になれたら嬉しいです。