独自ドメインとは?要点を分かりやすく説明【SEO】

独自ドメインとは?要点を分かりやすく説明【SEO】

オフ 投稿者: sesera

ブログなどを作ろうと思った事のある方なら、一度は独自ドメインという存在を聞いたことがあると思います。

独自ドメインはサイトを運営していく上でとても重要な存在です。

なので、今回は独自ドメインについて書いていこうと思います。

ドメインとは

色々なトップレベルドメイン

ブログなどのWebサイトを運営していくにはドメインという物が必ず必要になります。

ドメインとは簡単に説明すると、インターネット上の住所を指す物で、このドメインを使用する事でコンピューターやネットワークの特定がされているのです。

なので、Webサイトをインターネット上に公開するには、そのサイトに接続する際に使われるWebサイトの住所を設定する必要があります。

サイトのドメインとは?種類などを詳しく説明

独自ドメインとは

独自ドメインの画像

独自ドメインとは、自身で獲得したオリジナルのドメインの事を言い、ドメインの維持に必要なお金さえ用意できれば、自分の好きな文字のドメインを作成し運用する事が出来ます。

ですがドメインは同じ名前の物は存在できず、自分の取得したい名前のドメインが既に使われている場合はドメインの名前を変更するか、.comなどのトップレベルドメインを変更する必要があります。

独自ドメインのメリット

机の上にパソコンやコーヒなどがある写真

よくWebサイトを作成する場合は、独自ドメインを使用した方が良いと言われていますが、それにはいくつかの理由があります。

その理由を説明すると、

  • サイトが自分の所有物になる
  • 突然サイトを消される心配がない
  • 自分の好きな様にデザインを変更できる
  • 広告などを設置してお金を稼ぐ事が可能
  • 好きな事を書ける
  • SEOで有利になる
  • サブドメインやサブディレクトリが作れる

このような利点があります。

一応無料ブログサービスを利用する事でもサイトを作る事が出来ますが、独自ドメインを使用して始めた方が圧倒的に稼ぎやすいですし、自由度も高いです。

独自ドメインを使うメリットを紹介

独自ドメインのデメリット

パソコンの前で頭を抱えて悩んでいる男性

Webサイトは独自ドメインで始めた方が色々と有利になります。ですが、メリットしかないという訳でななく、独自ドメイン特有のデメリットも存在します。

では、どのようなデメリットがあるのかというと、

  • 維持費が必要
  • 初期の頃は全く人が来ない
  • 設定が難しい
  • 更新を忘れると全てが無駄になる可能性がある

という点が挙げられます。

参考程度に、このサイトの維持費はドメイン代とレンタルサーバー代を合わせて年間13000円くらいです。

独自ドメインのデメリットとは

独自ドメインの作成方法

様々なドメインが書かれた看板

独自ドメインを習得する際はドメイン取り扱いサイトに登録をし、自身の希望する名前で登録できるドメインがあったら、ドメイン習得に必要な費用を支払う事で手に入れる事ができます。

ですがこれで終わりという訳では無く、1年毎にドメインの更新が必要で1ドメインに対して大体年間1000円強が必要になります。

ドメインは同じ名前の物を存在させる事が出来ないので、サイトを作りたい人はなるべく早めにドメインを習得しておきましょう。

独自ドメインを取得するまでの流れを説明

独自ドメインの料金について

ネットで買い物をして料金をカードで支払うイメージ写真

独自ドメインを取得する際には契約料としてお金が必要になります。

ドメインの料金は「.com」や「.net」などのトップベルドメインによって決まり、基本的に1200円程度のドメインが多いですが、たまに登録1年目は50円くらいで利用できる物も存在します。

このような安いドメインで初めてみるのも良いと思いますが、最初は安くても次の更新から急に1500円くらいになる事が多いので、ドメインを取得する際には必ず料金の詳しい概要を確認しておきましょう。

特にこだわりがない場合は、.comか.netのようなメジャーなドメインを選ぶと良いと思います。

ドメインの料金について解説|TLDごとの最安レジストラも紹介

トップレベルドメイン(TLP)によって変わるのか

ドメインには必ず〇〇.comや〇〇.orgのようにドットで区切られた文字列がついています。

これはトップレベルドメイン(TLD)と言い、これによってそのサイトを運用している国を表したり、そのサイトがどのようなコンテンツを扱っているのかを表す事が可能です。

ドメインを取得する人の多くが、どのトップレベルドメインにしようか迷うと思いますが、アルゴリズム的にはドメインによって優劣が決まらないので、基本的にはどれでも構いません。

ですが、サイトの運用方法などによっては適切でないと思われる物もあるので、自身のサイト運用にあったTLDを選ぶようにしましょう。

トップレベルドメイン(ccTLD・gTLD)とは|ブログに最適なドメインも紹介

日本語ドメインについて

日本の国旗のマークがあるグッドマーク

ドメインは基本的に「abc.com」のように英語で表記される物が一般的ですが、中には「日本.com」のように日本語で表記された日本語ドメインという物も存在します。

日本語ドメインの特徴として、インパクトがありサイト名を覚えてもらいやすい事や、日本人相手には信頼性の向上が期待できるなど、多少のメリットがあるとされています。

ですがデメリットも存在し、ブラウザ以外では「ピュニコード」という物に変換され、初期に設定した文字と全く異なる文字列が使われます。

なので人によってはスパムのように思われてしまう事があり、期待されるSEO効果もそこまで大きい物ではないので、特にこだわりが無い場合は英数字ドメインの方が無難だと思いますが、日本人相手のWebサイトなら選択肢に入れてみても良いと思います。

日本語ドメインとは|メリットとデメリットを解説

中古ドメインについて

ブロガーがパソコンを使用している写真

ドメインは新規で取得する以外にも、既に他の人が使用していた中古のドメインを使用する方法もあります。

中古ドメインは初期費用が多く必要になりますが、新規で習得するドメインに比べて、既に検索エンジンから一定の評価を貰っている事が多いので、大きな時間短縮になります。

他にも色々とメリットがありますが、メリットだけではなくデメリットも存在しているので少し癖のある方法です。

なので、初心者の方やWebサイトを始めて作成する人などにはあまりオススメしませんが、お金に余裕のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

中古ドメインとは|メリットとデメリットを解説