独自ドメインを取得するまでの流れを説明

独自ドメインを取得するまでの流れを説明

オフ 投稿者: sesera

ブログなどのWebサイトを作成するには、そのサイトを特定する為に必要となるドメインを設定する必要があります。

ですがこのドメインを取得する作業は初めてWebサイトを作成する人からしたらハードルが高く、この段階で挫折してしまう人も少なくないです。

なので今回は独自ドメイン取得の流れを紹介したいと思います。

独自ドメインとは

机の上にあるパソコンの写真

独自ドメインとは自身で取得した世界で一つだけのドメインの事を指し、同じ名前の物は存在しない唯一無二のドメインです。

ブログなどのWebサイトを作成する際には、この独自ドメインを使用する事でそのサイトを完全に自分の所有物にする事ができ、好きな様にデザインを事細かに変更したり、広告などを設置してお金を稼ぐ事も可能となっています。

一応独自ドメインを使用しなくても、無料ブログサービスなどを使用する事でWebサイトを作成する事が出来ますが、それだと色々な規制が掛かっており、サイト運営の自由度が低くなってしまいます。

なので現在多くのブロガーの方は独自ドメインの使用を推奨しており、現在Webサイトを作成する際は独自ドメインを使用する事が一般的です。

独自ドメイン習得の流れ

独自ドメインを取得するにはいくつかの手順をこなす必要があります。

その流れを説明すると、

  • 希望するドメインが取得可能か確認する
  • トップレベルドメインを決める
  • レジストラを決める
  • レジストラにドメイン契約の申し込みをする
  • 必用な費用を払う

このような流れになります。

希望するドメインが取得可能か確認する

タブレットでGoogleを開いて調べものをしようとしている画像

ドメインは全く同じ文字列のドメインを新たに習得する事は出来ません。

なので、自身の希望するドメインが誰にも取られず、習得可能な状態なのかを事前に確認する必要があります。

希望するドメインが取得できるかの確認は、大体ドメイン習得サービスの目立つ所に入力ホームがあり、そこに入力する事で確認する事が可能です。

トップレベルドメインを決める

色々なトップレベルドメイン

ドメインには必ず「.com」や「.net」のようなドットで区切られた文字列が一番後ろについていますが、これらの要素を「トップレベルドメイン」と言います。

このトップレベルドメインには様々な種類があり、それぞれどのような事に使用する物なのかは一応分野ごとに分かれていて、

  • .com…商業組織向けのドメイン
  • .net…ネットワーク業者向けのドメイン
  • .org…非営利組織向けのドメイン
  • .info…特になし
  • .biz…ビジネス向けのドメイン
  • .xyz…特になし
  • .jp…日本国内向けのドメイン

これら以外にも沢山のトップレベルドメインが存在しており、これはほんの一例ですがこのように分かれています。

様々なトップレベルドメインがあり、現在も新しいドメインが次々と出ているので、自身のサイトの条件に合う中で好きなドメインを選びましょう。

特にこだわりが無く、「何となくブログ的な物を始めてみたい。」という場合は無難に.com.netにするのが良いと思います。

既に希望するドメインを取られていた場合

パソコンの前で頭を抱えて悩んでいる男性

特に短い名前のドメインなどに起こりがちですが、自分の希望するドメインが既に他の人に取られている事があります。

そのような場合は、

  • ドメイン名を変える
  • トップレベルドメインを変える

この二通りの方法があります。

ドメイン名を変える方法は、ドメインの名前そのものを変えてしまったり、元の希望するドメインに新しく文字や数字などを追加する方法です。

(取得不可)
domeinn.com 

(取得可能)
domeinn12a.com 

もう一つのトップレベルドメインを変えるというのは、トップレベルドメイン、つまり.com.netなどを変更する方法です。

例えば、「domeinn.com」という狙っていたドメインが既に取られていたとしても、他のトップレベルドメインの「domeinn.net」や「domeinn.xyz」などなら、まだ他の人に取られていない可能性も考えられます。

(取得不可)
domeinn.com

(取得可能)
domeinn.net domeinn.xyz

domeinn.biz domeinn.org

このような方法で取得可能なドメインを探しましょう。

レジストラを決める

どれにしようか考えている男性

レジストラはドメインを一般のユーザー向けに販売する業者の事を言い、有名な物だと「お名前.com」や「スタードメイン」「ムームードメイン」などがあります。

それぞれに違った特徴があり、ドメイン更新の価格が安かったりサービスが充実していたりするので、自分に合ったレジストラでドメインの契約をしてみて下さい。

レジストラにドメイン契約の申込みをする

契約して鍵を手にしている写真

希望するドメイン名とトップレベルドメインが決まり、使用するレジストラも決まったら、次はドメイン契約の申込みをしましょう。

ドメインの申し込みに必要な物は以下の通りです。

  • 住所
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ドメインの情報

ドメインを取得する際にWhois情報公開代行という物があるのですが、これをしておかないと、ドメイン契約時に登録した個人情報が公開されてしまうので、Whois情報公開代行をしてくれるレジストラで申し込みましょう。

必用な料金を払う

ネットで買い物をして料金をカードで支払うイメージ写真

レジストラにドメイン契約の申込みをしたら、次はドメインを使用する為の料金必要です。

ドメインに掛かるお金は主に2種類あります。

  • 登録料金…初めての登録の際に掛かる料金(1年目に必要)
  • 更新料金…更新する際に掛かる料金(2年目以降に必要)

独自ドメインを取得した最初の年は登録料金のみが必要になり、2年目以降は更新料金が必要です。

なので、「新規ドメインが一つ30円!」のような事が書いてある場合がありますが、次の年からは普通の1500円程度の更新料になるので注意してください。

参考程度に、一般的なドメインは更新料金が年間1200円程度必要になる事が多いです。

ドメインの次はレンタルサーバーを

サーバールームの様子

Webサイトを作成するには、ドメインの他にレンタルサーバーが必要です。

レンタルサーバーはサイトの情報を管理する場所であり、レンタルサーバーの処理能力によってサイトの表示速度などが変わってくるので、サイトの集客力に関わってきます。

私が過去に作成した、オススメのレンタルサーバー|安い物や速い物を紹介というページがあるので、良かったら見てみて下さい。

まとめ

今回はドメイン取得の流れを書いてみました。

皆さんのWebサイト開設の参考になれたら幸いです。