SEOで3番目に重要なランクブレインについて

SEOで3番目に重要なランクブレインについて

オフ 投稿者: sesera

Googleの検索エンジンではランクブレインという仕組みを利用しており、ランクブレインはWebサイトの検索順位に大きく関わっています。

なので、今回はGoogleが採用しているランクブレインについて解説しようと思います。

ランクブレインとは

ランクブレインのイメージ画像

ランクブレインは、人口知能によってユーザーが本当に望んでいる情報を検索結果に表示させるシステムの事を言い、2015年にGoogleによって実装されました。

検索結果に表示するまでには数百を超えるアルゴリズムがWebサイトを評価しているとされていますが、ランクブレインもその中の一つで、検索キーワードの意図を理解し、キーワードが少し違っていてもその意図に合ったページを表示させる、検索クエリとコンテンツとの関連性を学習するプログラムです。

ランクブレインが実装された事により、Googleの検索エンジンは精度を増し、検索順位でも様々な変化が起きています。

  • 曖昧なキーワードでも求めている情報が表示される。
  • 近しいキーワードが含まれたページが表示される。

ランクブレインの仕組み

ランクブレインはユーザーが求めている情報を表示する為のシステムです。

人口知能を使用して、ユーザーの行動や過去の情報から、検索されたキーワードの意味や検索された意図を理解し、それに最も最適だと思われるサイトを表示させています。

つまり、「人口知能によって言葉の意味を理解する。」

というプログラムであり、言葉の意味を理解する事によってユーザーが何を求めているのかを推測できるという訳です。

ランクブレインが実際に使用されている例

ランクブレインが実際に利用されている事を確認してもらう為に、「SEO やり方」と検索しました。

ランクブレインが実際に使用されている例

そうすると、「やり方」と検索しているのに「方法」や「始め方」といったキーワードを含めたサイトが出てきており、概要文には「方法」というキーワードが太字で表示されています。

つまりこれは、検索エンジンが「やり方」というキーワードの意味を理解し、「方法」というキーワードに置き換えて検索されているという事になります。

更に、「はじめかた」というキーワードも関連性の高い言葉と理解され、検索順位に表示されているのが分かります。

ランクブレインの重要性

Googleの検索エンジンでは、様々なアルゴリズムを使用してWebサイトを評価していますが、ランクブレインはその中でも比較的重要な存在です。

Googleが公式にした発表では、3番目に重要な物がランクブレインと発言しています。

  • 1位…コンテンツ
  • 1位…リンク
  • 3位…ランクブレイン

コンテンツとリンクが同率1位で、ランクブレインがその次に重要です。

この事からもわかる通り、ランクブレインに対する対策もWebサイトを運用していく上で重要だと言えます。

ランクブレインに対する対策

ランクブレインの役割は、キーワードを理解してユーザーが求めている情報を表示させる事にあります。

つまりこれは、ユーザーを満足させられる有益な情報を持ったコンテンツが、関連性のある多くのキーワードでヒットしやすくなったという事になります。

なので、ランクブレインに対する対策は、

  • ユーザーを満足させるコンテンツを作成する事。
  • 記事によって狙うキーワードをハッキリ分ける。

という感じになります。

ユーザーを満足させる良質なコンテンツを作成すれば、その記事が関連性のある多くのキーワードでヒットする様になり、更なる集客が見込めます。

そして、ランクブレインの導入によって関連性のあるキーワードでも表示させやすくなったという事は、1記事がカバーする範囲が大きくなったという風にも捉えられます。

記事同士が狙うキーワードが被らない様に、新たな記事を作成する場合はハッキリと別れたキーワードを狙うと良いでしょう。