ドメイン名を決めるポイント|優劣はあるのかなど紹介

ドメイン名を決めるポイント|優劣はあるのかなど紹介

オフ 投稿者: sesera

Webサイトを立ち上げる際に必要になるドメインですが、ドメインの名前を決める際に何にしようか迷いますよね?

ドメインの名前は、そのWebサイトの看板となる存在なので、長い時間を掛けて考えている人も多いのではないでしょうか。

なので、今回はWebサイトの名前を決めるポイントについて書いていこうと思います。

ドメインとは

ドメインの画像

ドメインとは、インターネット上のネットワークを識別する為に使用される物で、簡単に説明するとインターネット上の住所の役割をしています。

Webサイトを作成する際には、必ずこのドメインという物が必要になるので、無料ブログで始める人以外は、必ず自分のドメインを取得する事になるでしょう。

ドメインは一度取得すると名前の変更などは出来ないので、ドメインの名前や種類などは慎重に決めましょう。

サイトのドメインとは?種類などを詳しく説明【SEO】

TLD(トップレベルドメイン)とは

色々なトップレベルドメイン

ドメインには必ず後ろの方に「.com」や「.net」のようなTLD(トップレベルドメイン)という物がついています。

TLDは、そのドメインがどのような目的で使用されるかを表した物や、「.jp」のように国ごとで分けた物、中には特に意味が無い「.xyz」のようなTLDも存在しており、自身のWebサイトの運用に適したTLDを選ぶ事が可能です。

自身のWebサイトをどのような物にするかによって、適切なTLDを決めてみて下さい。

(特にこだわりが無い場合は、無難に.comが良いと思います。)

トップレベルドメイン(ccTLD・gTLD)とは|ブログに最適なドメインも紹介

ドメインによって優劣があるのか

悩んでいる男性

ドメインを取得する際に、多くの方がドメインによる優劣があるのか気になった経験があると思います。

結論を先にいうと、ドメインによる優劣はありません。

TLDが.comでも.orgでも自身のサイトが有利不利になる事はありませんし、blog.comというサイトで、ブログ以外の事を書いても普通に検索エンジンから評価されます。

ですが、例えばドメイン名に「パソコン」という文字を含めると、このサイトはパソコンについて書いているという事がGoogleに伝わるので、パソコン関連では高く評価される可能性があります。

ドメイン名の決め方

堅実で真面目そうなスーツ姿の男性がガッツポーズしている写真

Googleは、ドメインによる優劣は無いと言っているので、ドメイン名は好きな名前で良いと思います。

ですが、アルゴリズムによる優劣は無くても、ユーザーからの視点では、「pc.com」だから何となくパソコンについて詳しそう。という評価を持たれる事もあるので、優劣が無いとは言えません。

なので、これからドメイン名のオススメの決め方について書いていこうと思います。

自分のニックネームを使う

私の場合はこれですが、自分のニックネームやWebサイト独自の名前など、他のブログと似たり被ったりしない様な名前を付けると、名前を憶えてもらいやすくなります。

それに、「最初はパソコンについて書こうとしてたけど気が変わった」という場合にも、違和感なく同じWebサイトを使用できるのでオススメです。

様々な事に関して書く、雑記ブログのような形を取りたい場合は、この方法でドメインの名前を付けると良いでしょう。

狙っているキーワードを含める

このWebサイトが扱うコンテンツを既にきめており、それから方針転換する気も無い場合は、その扱うコンテンツを名前に入れましょう。

例えば、パソコン関連を扱う場合はpc.comのように、このサイトが何について書いているのかが一目で分かるような書き方が好ましいです。

この方法なら、ユーザーや検索エンジンに対してこのWebサイトは何について書いているのかが明確にアピール出来ますが、方針転換をして扱うコンテンツを変更した場合は、違和感のあるWebサイトになってしまうので注意が必要です。

自分の実績や経験を含める

ブログ名に自分の過去の経験や実績を含めると、そのドメイン名を見たユーザーに、信頼性を感じてもらいやすいブログにする事が可能です。

例えば、筋トレ関連のブログのドメインに「trainer.com」という名前が使用されていたら、過去にパーソナルトレーナーの経験がある人が書いている参考になりそうなブログだ、という風に捉えられる可能性があります。

実績がある人は是非名前に加えてみて下さい。

まとめ

今回はドメインの名前の決め方について書いてみました。

ドメインの名前は何でも良いと思いますが、長く使用できる名前にしておきましょう。