SEO対策とは|検索順位を上げる為の分析と対策

SEO対策とは|検索順位を上げる為の分析と対策

オフ 投稿者: sesera

ブログなどのサイトは検索エンジンからの流入が主になりますので、検索順位で上位を取る事がサイト運営の成功につながります。

ですが、その検索順位が上がらずに困っている人も多いです。

なので、検索順位を上げる為のSEO対策について書いていこうと思います。

SEO対策とは

カフェでタイピングをしているwebライター

皆さんが調べ物や買い物をする際には、GoogleやYahooなどの検索エンジンを利用して情報を手に入れる事が多いと思いますが、何かを検索した際には検索順位の上位に表示されたサイトほど見てくれる人が多いです。

なので、サイトを運営している人達は検索順位を上げる為に様々な改善をして、検索エンジンに最適化する様に努力しています。

この検索エンジンに最適化をする為の対策がSEO対策と言い、SEO対策を施す事で自身のサイトを他のライバルサイトより有利にする事が出来ます。

今のSEO

ノートパソコンを持ち上げて画面を見つめる男性

昔のSEO対策という物は、サイトに多くの被リンクを張ったり、文章内に狙っているキーワードを多く含めるなど、単純な物ばかりで簡単に検索順位を上げる事が可能でした。

ですが、今の検索エンジンのアルゴリズムは進化して複雑になっており、単純な対策では検索上位を上げる事が出来ず、逆にスパム行為などになってしまう可能性すらあります。

ではどうすれば良いのかというと、ユーザーに満足してもらえるサイト作りを心掛ける事が重要です。

現在の検索エンジンのアルゴリズムはユーザーに視点を置いているので、ユーザーが満足するサイトを作る事が出来れば検索順位も上昇します。

ユーザーが満足しているかなど分かるのか

困ったジェスチャーをするビジネスマン

ユーザーが満足するサイトを作る事が出来ればサイトの順位が上昇すると書きましたが、ロボットに人間が満足したかなどの判断が出来るのでしょうか?

これは、確実な判断は出来ないと思いますが、様々な統計的なデータを分析して複雑なアルゴリズムを組む事で判断しています。

例えば、あなたが満足したサイトと満足していないサイトとで滞在時間の長い方はどちらでしょうか?これは全てがそうとは限りませんが、満足したサイトの方が滞在時間が長い傾向にあると思います。

他にも、多くの人が紹介しているサイト(良質な被リンクが多いサイト)は信頼性が高いサイトと評価出来ますし、ユーザーが訪れたページだけでなく、同サイト内の他のページも見られているサイトほど魅力のあるサイトとして判断出来ます。

このような細かいデータを何個も分析し、ユーザーに満足してもらえるコンテンツかを判断して検索順位を決めているのです。

検索エンジンを知る

パソコン内のソフトのプログラムのコード

SEO分析は検索エンジンに最適化する為の分析ですので、具体的なSEO対策をする前に検索エンジンについて知っておいた方が良いでしょう。

検索エンジンの主な仕組みは「クロール」「インデックス」「アルゴリズム」の3種類に分ける事ができ、それぞれの仕組みを説明すると、

  • クローラーというロボットがリンクを辿りながら様々なサイトの情報を収集(クロール)
  • クロールで集めた情報をGoogleなどのデータベースに収納(インデックス)
  • インデックスで保管された情報を様々な基準で点数付け(アルゴリズム)

という仕組みになっており、最後のアルゴリズムの時点で合計点数の高いページが上位表示されます。

Googleの検索エンジンの仕組み

SEO対策の種類

ホワイトボードに何かの構成を書いているスーツ姿の女性

SEO対策は大きく分けて3種類に分類する事ができ、

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツ対策

となっています。

内部対策はサイトの構成やコンテンツに対する対策の事を言い、検索エンジンとユーザーに理解しやすいサイト構成にし、それぞれから高い評価をしてもらうのが目的です。

外部対策は他のサイトからの被リンクに対する対策で、他のサイトから紹介してもらう事で自身のサイトの信頼性の向上を目指します。

コンテンツ対策は他のライバルサイトよりも質の高いコンテンツを作る為の対策で、SEOの中で最重要の対策です。

内部対策

内部対策は、サイト内にパンくずリストを設置したり内部リンクの構成を見直したりなどの、自身のサイト内でする対策の事を言い、誰でもお金を掛けずにする事が出来ます。

前のGoogleのアルゴリズムでは、被リンクさえ多ければ検索順位を上げる事が出来ましたが、度重なるアップデートにより被リンクを獲得しただけでは検索順位を上げる事が出来なくなりました。

更にGoogleはサイトの質を重視する様にアップデートを行っている為、内部対策の重要性がとても高くなっているので、内部対策をしていない人は必ずしておきましょう。

内部対策とは?検索順位を上げる具体的な方法も紹介【SEO】

外部対策

外部対策は、SNSのボタンなどを設置したりして外部のサイトからの自然な被リンクを貰う事で、自身のサイトの信頼性の向上を目指す対策です。

Googleのアップデートによって被リンク自体の重要度は下がりましたが、今でも外部からの評価としてサイトの信頼性を確かめる際に使われているので、未だに被リンクを獲得する事は需要です。

ですが、被リンクと言っても質の良い被リンクと質の悪い被リンクという物があり、単純に被リンクを獲得すればいいという訳ではありません。

外部対策では、被リンクを獲得しやすくする為の対策はもちろん、被リンクの質に対しても対策をしていきます。

外部対策とは|良質な被リンクを獲得する為の方法

コンテンツ対策

コンテンツ対策は、自身のサイトをより良いコンテンツにする為の対策で、SEO対策の中で最重要の項目です。

具体的には、ターゲットにするクエリの決め方やその内容、サイト自体のコンテンツの構成を他のライバルサイトよりも良い物にしていき、検索順位の上昇や収益の向上を目指します。

また、そのような検索エンジンに向けてだけでなく、検索ユーザーに対しても利用してもらいやすいコンテンツを目指すので、被リンクやリピーターの獲得率の向上など、様々な分野に影響します。

コンテンツ対策とは?最重要なコンテンツSEOの方法

SEOで重要な5つのポイント

人差し指を立てる女性

Googleが検索順位を決める際には200以上の基準によって評価をして決めています。なので、全てを考慮してサイト作りをする事は難しいです。

なので、重要なポイントを5つほどにまとめましたので、これらの点に注意をしながらサイト作りをしてみて下さい。

質の高いコンテンツを用意する

SEOで最も重要視されている物がコンテンツの質です。どれだけ他の事を良くしてもコンテンツの質が低ければ検索順位で上位を取る事は難しいでしょう。

質の高いコンテンツを作るには、ユーザーが求めている情報を事細かく書く必要があり、ユーザーのニーズを満たすサイトを作る事が出来ればGoogleからも良質なコンテンツと評価されます。

ですが、情報を事細かく書くと言ってもただ文字数を多く書けば良い訳ではなく、適切な文章量でユーザーが見やすい構成にしなければなりません。

そのページが扱う内容に適切な文字の長さで、本題から脱線しない程度に詳しく書きましょう。

ユーザーが快適に使えるサイトにする

自身のサイトをスマートフォンに対応させたり、ページの表示速度などを改善したりなどして、ユーザーが快適に使えるサイトを用意する事も重要です。

スマートフォンに対応しているサイトなら外出先でも見る事が出来ますし、ページの表示速度が早ければユーザにストレスを与える事なくサイトを利用してもらえます。

それに、最近はスマートフォンのユーザーが増えてきた事も相まって、今はパソコン用のサイトの内容を評価して順位を決めていますが、将来的にはスマートフォン用のサイトの内容を評価して順位を決める可能性が高いです。

なので、なるべく早めにスマートフォン対応のサイトにしておきましょう。

クローラーが巡回しやすいサイトにする

検索エンジンがサイトの情報を収集する為に使うクローラーが巡回しやすいサイトを作る事も大切です。なので、サイトマップを登録したりサイト構成を階層化したりなどしてクローラーにサイトの全体像を把握してもらいましょう。

一応サイトマップなどを登録しなくてもそのうちクローラーが巡回してくれますが、サイトの更新をいち早く検索エンジン側に知ってもらう為にも、クローラーの手助けをしておいた方が良いでしょう。

特に大規模なサイトともなるとサイト構成が複雑になるので、クローラー関係をより意識してサイト作りをする事をオススメします。

信頼性の高いサイトにする

正確な情報を発信するのはもちろんの事、良質な被リンクを獲得してサイトの信頼性を高めましょう。

検索エンジンがサイトの信頼性を図る際はサイトの被リンクが指標になってきますが、その被リンクも良質な被リンクで無いと意味がありません。

なので、良質な被リンクを得る為にも、ユーザが満足する様なサイト作りと外部SEO対策が重要になってきます。

被リンクの購入や過剰な総合リンクなどは、遅かれ早かれペナルティになるのでしない様にしましょう。

分かりやすいレイアウトにする

見出しやデザインなどをユーザーが分かりやすいようなレイアウトにする事も重要です。

このサイトはどのような事に物事を取り扱っているのか、どのような構成のサイトになっているのか、それぞれのページは何について書いているのかを明確に分かる様にしておきましょう。

パンくずリストを設置したり、カテゴリー分けをしたり、タグを付けたりする事で分かりやすいレイアウトにする事が出来ます。

特にページタイトルの最適化は重要で、サイトを利用するユーザーだけでなく検索エンジンにも伝わりやすくなるように、なるべく分かりやすい言葉で簡潔に書いてください。

最後に

今回はSEOについて書いてみました。

皆さんの参考になれば幸いです。