コンテンツ対策とは?最重要なコンテンツSEOの方法

コンテンツ対策とは?最重要なコンテンツSEOの方法

オフ 投稿者: sesera

Webサイトを運営していく上で、自身のサイトを検索エンジンに最適化をするSEO対策がとても重要になってきます。

そのSEO対策の中でも得に重要なのがコンテンツ対策です。

なので、今回はコンテンツ対策について書いていこうと思います。

コンテンツ対策とは

パソコンを使っている

コンテンツ対策とは、その名の通りWebサイト内のコンテンツに対する対策の事で、ユーザーが求めているコンテンツを作成してサイトの集客数の向上を目指します。

質の高いコンテンツを作成する事が出来れば他のサイトとも差別化でき、検索ユーザーから好かれやすいサイトになるだけでなく、直帰率や良質な被リンクなどの関係から検索結果の上昇も期待できます。

検索エンジンから高い評価を貰い、検索ユーザーから好かれるサイト作りをしたい場合は必須の対策です。

SEOで最重要なコンテンツの質とは

どうなるの?と疑問のジェスチャーをするビジネスマン

現在のGoogleはコンテンツの質という物を重要視していますが、コンテンツの質とは具体策に何を指すのでしょうか?

コンテンツの質という言葉自体、具体的に何を指しているのか分かりにくいですが大まかに重要な点をまとめると、

  • 情報量
  • 専門性
  • 独自性

この3種類に分かれます。

なので、他のサイトより情報量が多く、詳しく、そしてオリジナルの情報が多く含まれるサイトが、質の高いコンテンツのあるサイトと捉える事が出来ます。

具体的なコンテンツ対策

左上を指さしているスーツ姿の男性

これからは具体的なコンテンツを書いていきます。

まだ対策を施していないという人は早めに実行する事をオススメします。

検索クエリに応える内容にする

検索をするユーザーは必ず何かの情報を求めています。なので、そのニーズに応える事が出来なければ良質なコンテンツとは言えません。

ではどのようにしてユーザーが求めている情報を探すのかですが、それは既に検索順位上位に表示されているサイトの内容を参考にする事で知る事が出来ます。

検索順位上位に表示されているサイトという事は検索エンジンから評価されているサイトという事になるので、そのサイトを見習う事は重要です。

なので、記事を新たに作成したりリライトしたりする場合には、既に検索順位上位に表示されてるサイトの内容を参考にユーザーが求めている情報を見つけ出しましょう。

コンテンツの構成を考える

自身のサイトのコンテンツを良質な物にするには、そもそものコンテンツの構成を考えなければなりません。

どの様なカテゴリーを作ってどの様な事をテーマにした記事を書くのか、このコンテンツの構成を決めてから記事を書いた方が、効率的に内部リンクを貼れたり記事の内容被りを避けれたりと色々と便利です。

まずはどのような記事を書くのかですが、個人的にオススメな方法が、関連キーワード習得ツールなどを使って出てきた候補を片っ端から使って記事を作成していく方法です。

この方法ならキーワード選定の時間を省け増すし、何よりも実際に検索されているキーワードを狙って記事を作成する事が可能です。

それと、クエリ同様に検索順位上位のサイトを参考にするのも良いと思います。

独自性のある情報を書く

他のサイトを参考にすると良いと書きましたが、それでは情報の独自性が低くなってしまうので、記事を書く際にはオリジナルの情報を入れる様にしましょう。

Googleのガイドラインにも載っていますが、検索順位を決める際には、独自性のある情報を持つ高品質なサイトが上位に表示されるようになっています。

なので、事前のリサーチを欠かさずにして、自身の体験や経験者のインタビュー、更にアンケートなどを活用して独自性のあるコンテンツを生み出していく事が重要です。

サイトのテーマを絞る

そのサイトが何について書いているのかが分かる様に、予め軸になるサイトのテーマを決めておきましょう。

テーマを書かずに自分の好きに記事を作成する雑記ブログを否定している訳ではありませんが、今のGoogleのアルゴリズムではサイトの専門性が求められるので、軸になるテーマに沿って記事を作成するはとても重要です。

それに、そのサイトに訪問するユーザーから見ても、自分に興味のあるテーマのサイトだと分かればリピーターの獲得にも繋がりますし、内部リンクも張りやすくなり広告収益の向上も期待できます。

ユーザーファーストのサイトにする

内部対策にも繋がりますが、サイトの表示速度の改善や画像などを使って見やすいデザイン構成にしたりして、ユーザーが利用しやすい環境を整える事も重要です。

これは何故かというと、ユーザーから好まれるサイトを作った方が良いのはもちろんの事、そのような対策が間接的にも検索順位に関わっているからです。

具体的には、サイトの離脱率や直帰率、滞在時間などが影響しており、検索順位上位を取りたいのならば検索エンジンに対してだけでなく、ユーザー目線での改善も必要になってきます。

なので、記事の情報量が多い方が良いと言って記事を長くし過ぎてユーザーが途中で帰ってしまったり、文字の大きさが適切でなかったりする場合は直しましょう。

コンテンツ作成時に気を付けて欲しい事

コンテンツ作成時にきを付けて欲しい事が二つあり、一つ目はサイト内のコンテンツで被らない事と、もう一つは他の記事を転用して語尾だけを少し変える様なコピーコンテンツの作成をしない事です。

サイト内のコンテンツ被りは、テーマを絞って記事を書いている人は経験するかもしれませんが、サイト内のコンテンツが被ってしまうと検索エンジンからの評価が分散してしまいます。

なので、その様なコンテンツがある場合は一つに統合したりして対応した方が良いでしょう。

もう一つのコピーコンテンツですが、現在は多くのサイトがあるので意図せずに他のサイトと文章の内容が被ってしまう事があります、そのような一部の被りはそこまで気にする必要がありません。

ですが、意図的に同じ文章を何個もの記事に使いまわしたり、コピーした文章の誤字を少し弄ったような物はペナルティーを食らってしまいます。

皆さんがサイトのコンテンツを作成する際にはそのような事が無いように気を付けて下さい。

コンテンツは質なのか量なのか

悩んでいる男性

よく議論される話題として、沢山の記事を書いてコンテンツの量を増やす事に重点を置くのか、それとも時間を掛けて記事を作成して良質なコンテンツを作成する事に重点を置くのか、という物があります。

これは状況にもよりますが現状は質の方が大切です。ですが、それなりのコンテンツの量が無ければ集客が望めません。

サイトをそれなりに運用している人なら分かると思いますが、サイトを作成した序盤の頃はコンテンツの量が少ないせいでドメインパワーが弱く、とてもニッチなキーワードでないと検索順位上位に行く事が難しく人が全然来ないです。

なので、集客できるようになるまでは量産して、それなりに集客できるようにってきたら質を高めましょう。

検索順位に影響するコンテンツの質

グラフなどの資料が机の上に置かれている画像

コンテンツの質という物は、記事単体の質とサイト全体の質があります。

なので、記事一つのコンテンツを強化しても他の記事の質が悪いと足を引っ張ってしまいますので、コンテンツ対策をする際にはサイトの記事全体に施す事が必要です。

自身のサイトを見直してみて、質の低いコンテンツがあった場合はリライトをして内容を改善してみたり、思い切ってその記事を消去する事も対策の一つです。

まとめ

今回はSEOで最重要なコンテンツについて書いてみました。

今後のサイト運営の参考になれたなら幸いです。