航空機でオススメの弾薬と弾薬ベルト【War Thunder】

航空機でオススメの弾薬と弾薬ベルト【War Thunder】

オフ 投稿者: sesera

こんにちは、500時間ほどWar Thunderをプレイしているせせらです。

今回は航空機の弾薬について書いていこうと思います。

自身の運用に適した弾薬ベルトを選ぶ事ができれば航空機の火力が一気にアップするので、是非見ていってください。

弾薬の種類が分かりずらい

分からないジェスチャーをしている男性

航空機の弾薬を見てみると、汎用ベルトや曳光弾ベルトという感じで役割的な物が一応書かれていますが、これだけではどの様な特徴があるのか掴みにくいですよね?

私も初心者の頃は何が何だか分からなかったので、弾道が見える曳光弾ベルトばかり使用していました(笑)

実際、曳光弾系の弾は他の物と比べて弱い事が殆どなので、使用する弾薬ベルトが運用方法に合っておらず、本来倒せるはずだった敵も倒せなない事が多かったです。

オススメの弾薬ベルト(面倒な人へ)

ベルト式の弾薬

一つ一つの弾薬を知るのが一番良いのですが、それが面倒な人は「汎用ベルト」「ステルスベルト」を使用するのがオススメです。

弾薬について知ると分かって来るのですが、大抵強い弾薬はこの2つの弾薬ベルトに多く入っている事が多いです。

その中でも、大体の機銃で一番強い弾薬ベルトがステルスベルトなのですが、弾道が見えないという特徴があるので、強い火力を出しながら弾道も確認したい、という場合は汎用ベルトを使用しましょう。

【ステルスベルト】か【汎用ベルト】が大体強い。

オススメの弾薬(口径別)

沢山の種類の銃

それぞれの口径サイズに分け、その特徴と強い弾薬について解説していきます。

機銃によって特徴が異なるので、あくまで大雑把な認識として捉えて下さい。

7mm

7mm系の機銃で最も強い弾薬が、即時着発焼夷弾or着発焼夷弾(調整済み)という弾です。

これらの弾薬は貫徹力は低いものの、広範囲にダメージを与える事ができ、更に炎上効果もあるという、対戦闘機相手にはかなりの火力を発揮してくれます。

他には貫徹力の高い鉄鋼段や、それに炎上効果を付与した焼夷鉄鋼段などもシンプルに強いです。

着発焼夷弾(調整済み)即時着発焼夷弾 > 徹甲焼夷弾> 徹甲弾&焼夷弾…

12mm

12,7mmは7mm機銃の威力が上がったバージョンだと捉えてもらえば大丈夫です。

基本的に使用する弾薬の種類は変わりませんし、威力と貫徹力は増加しますが、それ以外は基本的にかわりません。

ただ、7mm台でも強かった瞬時着発焼夷弾が12,7mmになって更にパワーアップしているので、弾薬ベルトを選ぶ際にはこの弾薬が入っている物を選ぶと良いと思います。

High explosive bullet & High explosive fragmentation tracer bullet即時着発焼夷弾徹甲焼夷弾>徹甲弾 & 焼夷弾…

20mm

20mmともなってくると、打たれ弱い戦闘機などは一瞬で撃墜される程の高火力を発揮できます。

弾薬の種類はこれまでの武装よりも増えており、破砕焼夷榴弾や徹甲榴弾などの強力な弾を使用する事が可能です。

強力な弾薬を使用した事による火力の増加が著しいので、機体を改造する際には優先して20mmの弾薬ベルトを解放しましょう。

焼夷榴弾(ミーネンゲショス)破砕焼夷榴弾破砕榴弾徹甲榴弾

※全く同じ榴弾系の弾薬でも、機銃によって作薬量が異なるので↑この通りとは限りません。

30mm以上

30mm以上という大口径だと、爆撃機でも戦闘機でも一瞬で撃墜できる程の超高火力です。

弾薬の種類はこれまでの物と比べてシンプルになり、航空機相手なら破砕焼夷榴弾など地上目標相手なら徹甲弾系、という風にそれぞれの 役割が明確になっています。

基本的に30mm以上の口径を使う機会はあまり無いと思いますが、使用する際は確実に命中できそうな時以外は温存するようにしましょう。

航空機相手 ⇒ 榴弾系
地上目標相手 ⇒ 徹甲弾系

一つ一つの弾薬について解説

弾薬

次は一つ一つの弾薬について解説していきます。

種類は多いですが、基本的には元となる弾薬を合わせたようなものばかりなので、種類のわりには簡単に覚えることができますよ。

・Ball&P【多目的弾&演習弾】
よく分からないが、おそらく弱い
・T【曳光弾】
光るだけの弱い弾。(少し炎上効果もあるという説もある)
・AP【徹甲弾】
装甲を貫く弾。貫徹力が高い
・I【焼夷弾】
炎上効果のある弾
・AP-I【徹甲焼夷弾】
装甲を貫き、炎上効果もある弾
・AP-I(ⅽ)【徹甲焼夷弾(サーメットコア)】
めっちゃ貫く弾。炎上効果もある。
・AP-T【徹甲曳光弾】
装甲を貫き、光る弾
・API-T【徹甲焼夷曳光弾】
装甲を貫き、炎上効果があり、光る弾。
・IAI【瞬時着発焼夷弾】
着発した瞬間に破裂する弾。広範囲にダメージを与え、炎上効果もある。
・AI【着発焼夷弾(調整済み)】
敵機の”内部で”破裂する弾。広範囲にダメージを与え、炎上効果もある。
・HE-I【High explosive bullet(翻訳:高爆発性の弾薬)】
日本の12.7mm ホ-103が使用できる弾。おそらく榴弾の様な感じで、爆発してダメージを与える。
・HEF-T【High explosive fragmentation tracer bullet(高爆発性の破片曳光弾)】
スウェーデンの13.2mmで使用できる弾。おそらく破砕曳光榴弾の様な感じで、爆発&破片でダメージを与え、光る弾。
・IT*【曳光焼夷弾(自己破壊)】
炎上効果のある光る弾。一定距離を離れると自動的に破裂する。
・FI-T*【破砕曳光焼夷弾】
破片でダメージを与え、炎上効果があり、光る弾。一定距離を離れると自動的に破裂する。
・FI【破砕焼夷弾】
破片でダメージを与え、炎上効果もある弾。
・FI-T【破砕曳光焼夷弾】
破片でダメージを与え、炎上効果もあり、光る弾。
・HE-F【破砕榴弾】
爆発&破片でダメージを与える弾
・HEF-T【破砕曳光榴弾】
爆発&破片でダメージを与え、光る弾。おそらく火力は低い。
・HEF-I【破砕焼夷榴弾】
爆発&破片でダメージを与え、炎上効果もある弾。

この弾薬が沢山入っている物がオススメ

基本的に強い弾薬はこんな感じです。

7mm
・即時着発焼夷弾
・着発焼夷弾(調整済み)
12mm
・即時着発焼夷弾
・High explosive bullet
・High explosive fragmentation tracer bullet
20mm
・焼夷榴弾(ミーネンゲショス)
・破砕焼夷榴弾
・破砕榴弾
・徹甲榴弾

これはあくまで対戦闘機を想定しています。対地をする場合は徹甲弾系の弾薬を使用しましょう。

まとめ

今回はWar Thunderでオススメの弾薬について解説してみました。

参考になれば幸いです。