【au回線】音声通話3GB格安SIMでオススメな物|用途別にまとめ

【au回線】音声通話3GB格安SIMでオススメな物|用途別にまとめ

オフ 投稿者: sesera

こんにちは、au回にしてから5年くらい経過したせせらです。

今回は私の経験や知識を元に、オススメのau回線3GB音声通話SIMを紹介します。

あなたの用途に合った物やコスパの優れている物を選び、お得に生活しましょう!

最初にSIMロック解除をしよう

simロック

SIMフリーのスマホなら問題無いのですが、数年前にauから購入したスマホをそのまま使用する場合は、『SIMロックの解除』をする必要があります。

  • 大手キャリアで一昔前に購入したスマホにはSIMロックが掛かっている。
  • SIMロックが掛かっていると、他社のSIMカードを利用する事ができない。

簡単に説明すると、スマホにロックを掛け、他の会社に逃がさない様にするのがSIMロックです。

現在はSIMロックの解除が義務化されているので、スマホを最近購入したという場合はロック解除の必要はありません。

「そんなん最初っからするなよ、、」とも思いますが…

SIMロックを解除するには、auのショップに行き手数料3000円くらいを支払って解除してもらうか、myauのサイトにアクセスして自力で解除する方法があります。

解除自体は簡単なので、自力でもすぐに終わりますよ。

auだけはau回線の格安SIMを使った方がいい

SIMロックを解除をすれば、他の会社のSIMカードも使える様になるのですが、auから購入したスマホの場合はau回線のSIMカードにした方が良いです。

というのも、auは世界でも珍しいCDMA2000という規格を使用しており、ドコモなど他社の通信回線を使用するSIMカードを使うと、電波をうまく拾えなかったり、回線に繋がらなかったりする事があるのです。

au回線の格安SIMなら普通に使用できるので、特別な理由が無い場合は、ロックを解除したとしても、au回線のSIMカードを使用するようにしましょう。

オススメの格安SIM(用途に分けて)

ここからはオススメの格安SIMを紹介していきます。

まずは用途ごとにオススメの物を紹介するので、あなたの用途に合う物があったら検討してみて下さい。

YouTubeを見る場合

スマホでのYouTubeの視聴

外出先でもYouTubeが見たい、という場合はビッグローブがオススメです。

ビッグローブにはエンタメフリーというオプションがあり、YouTubeやU-NEXTなど特定のサービスではデータが消費されません。

現在はエンタメフリーが無料になるキャンペーンをやっていますが、通常時は月々480円が必要になります。外出先でも通信量を気にせずガンガン動画が見たいという場合は契約してみて下さい。

ゲームをする場合

スマホとゲーム

格安SIMの中でも、ダントツで通信速度が早いのがUQモバイルです。

UQモバイルはauの子会社という事もあってか、格安simとは思えない程の快適な通信速度なので、格安SIMを使用したいけれど通信速度は遅くしたくない場合にオススメです。

ただ、大手キャリアのサブブランドなので、必然的に本家のauよりも良いサービスを提供しにくかったり、販売している格安スマホに微妙な物が多かったりと、色々な要素もありますが、通信速度は爆速なので、回線が混雑するお昼時でも快適にゲームをする事が出来ます。

Webサイト ⇒ 【UQモバイル】

未成年の場合

バックパックと10代

未成年の場合で格安SIMを契約する場合は、ラインモバイル一択と言っても良いと思います。

未成年でも契約できる所は他にもあるのですが、クレジットカードが必要だったり、そもそもau回線を扱っていなかったりするので、現状はラインモバイルが一番オススメです。

  • 18歳未満の場合 ⇒ 親が契約者、本人が利用者
  • 18歳以上の場合 ⇒ 全て本人名義

支払い方法はクレジットカードとLINE payが選べるので、クレカを持っていない場合はLINE payを使用すると良いでしょう。

また、データフリーオプションという、主要SNSでのデータ消費がしなくなるオプションもあるので、Twitterやインスタグラムを頻繁に利用する場合は特にオススメです。

  • LINEのみ⇒0円
  • LINE、Twitter、Facebook⇒月額280円
  • LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、MUSIC、Spotify、AWA⇒月額480円
Webサイト ⇒ LINEモバイル

値段が一番安い物

お金

3GBで値段を極力安くしたいという場合は、マイネオのエコプランがオススメです。

エコプランというのは、回線が混雑する時間帯に通信速度が遅くなるプランなのですが、その分価格も安くなり、私の知る中で最も安い3GBプランです。

・通常3GBだと1500~1600円くらいが相場。
・マイネオ(エコ)は1460円。

他にも、ユーザー同士で交流できるコミュニティや、必要な時にギガを引き出せる全ユーザー共有のタンクなど、様々なサービスがある所も魅力的です。

値段が安いので通信速度が遅いんじゃないかと不安でしたが、私が実際に使用した感じでは普通に快適でした。

かなり負荷の掛かるゲームなどでは変わってくるかもしれませんが、ネットサーフィンや軽いsns程度なら全然余裕です。

Webサイト ⇒ マイネオ

もう少しギガに余裕が欲しい場合

カフェとスマホ

3GBよりもう少し欲しい、という場合はイオンモバイルがオススメです。

イオンモバイルなら、他の3GB格安SIMとあまり変わらない値段帯の1580円で、通信量4GBの契約をする事が可能です。

また、格安SIMには珍しく全国にあるイオン店舗でサポートが受けられるので、あまり詳しくない人でも安心して契約をすることが出来ます。

他にも、高速通信と低速通信を切り替えられたり、WAONポイントが貰えたりと、様々なサービスがあるので、普段からイオンを利用する場合には特にオススメな格安SIMです。

Webサイト ⇒ イオンモバイル

オススメの格安SIM

ここからはランキング形式で、私個人がオススメする格安SIMを紹介していきます。

どれにした良いのか分からないという場合は、この中から探してみて下さい。

1位 ビッグローブ

BIGLOBEモバイルのWebサイト

個人的に一番オススメな格安SIMがビッグローブです。

私は普段YouTubeを結構見る時間が多いので、YouTubeを使用しても通信量が消費されないエンタメフリーオプションはとても魅力的ですし、その他サービスも申し分ありません。

ただ欠点として、3GBの音声通話SIMが1600円と少し割高なのに、そこにエンタメフリーを付けるとなると約2000円になります。

エンタメフリーを付けるなら1GBの契約でも良いんじゃないかと思いましたが、エンタメフリーオプションは3GB以上の契約でないと付けられないので、そこはもう割り切って外でも構わずガンガン使うのが良いと思います。

【メリット】

  • YouTube、AbemaTV、U-NEXTなどが使い放題になるオプションがある
  • 電話が半額以下になる(BIGLOBE電話使用)
  • 混雑時以外なら安定してそこそこ早い通信速度
  • シェアSIMがある
  • 端末のセットだとかなり安い
  • 余った通信量は翌月に持ち越し可能
  • 家族割がある

【デメリット】

  • エンタメフリーに画質制限がある(YouTubeだと360p以下)
  • 料金が高い
  • 契約から1年以内に解約すると1000円かかる
  • 3日間で6GB以上使うと通信制限(au回線共通)
  • 混雑時は低速になる(格安SIM共通)
  • 店舗数が少ない(格安SIM共通)

2位 IIJmio

IIJmioのホームページ

BIGLOBEに次いでオススメなのがIIJmioです。

IIJmioはキャンペーンがとても多い格安SIMであり、そのキャンペーン期間と合えば、かなり格安での契約や端末の購入などをする事が出来ます。

突然キャンペーンを始める事もあるので、どのSIMを利用しようか迷ったら、とりあえずIIJmioがキャンペーンをやっているかチェックしてみて下さい。

他にも、android端末の取り扱いが充実していたり、マイネオと同じくバースト転送機能があったり、みおフォンを使う事で通話料が半額になったりと、機能面やサービス面も申し分無いです。

ただ、キャンペーンをやっていないと3GB月額1600円と少し割高なので、キャンペーンを狙って契約する事をオススメします。

【メリット】

  • キャンペーンが豊富
  • 老舗の企業
  • バースト機能がある
  • 余った通信量は翌月持ち越し
  • 電話料が低くなる(みおフォン使用)
  • 独自のコミュニティがある
  • android系のスマホ販売が充実
  • 解約無料(12ヶ月以降)
  • 手動で低速に切り替え可能

【デメリット】

  • キャンペーンが無いと微妙
  • iPhone系のスマホ販売が微妙
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 3日間で6GB以上使うと通信制限(au回線共通)
  • 混雑時は低速になる(格安SIM共通)
  • 店舗数が少ない(格安SIM共通)
 Webサイト ⇒ IIJmio(みおふぉん)

3位 UQモバイル

UQモバイルのホームページ

三番目にオススメなのがUQモバイルです。

UQの強みは何と言っても回線速度が爆速な事で、キャリアと遜色ない程の高速通信が可能です。

auのサブブランドというだけありますね。

他にもiPhoneのテザリングに対応していたり、クレジットカード以外の支払いが可能だったりと、格安SIMには珍しい様々な特徴が存在します。

ただ、スマホ端末のラインナップが微妙なので端末の購入はオススメしません。

そして、UQモバイルはサブブランドという事もあり、auの売り上げを落とさないためにも、必然的にauより良いサービスを提供しにくいので、そこも難点だと思います。

【メリット】

  • 通信速度が爆速
  • クレジットカード以外で支払える
  • 店舗数が多い
  • 使わなかった通信量は繰り越し
  • iPhoneでテザリング可能
  • 家族割などがある
  • 混雑時でも通信速度が早い

【デメリット】

  • スマホのラインナップが酷い
  • auよりも良いサービスを提供しにくい
  • 3日間で6GB以上使うと通信制限(au回線共通)
 Webサイト ⇒ 【UQモバイル】

3GB格安SIMの値段一覧

今回、私が調べたau回線3GB格安SIMの価格表を載せておきます。

ここに記載した額は私が調べた際の物であり、価格が変わっている事もあるので注意して下さい。

名前3GB
マイネオ(エコ)1460円
ロケットモバイル1470円
UQモバイル1480円
LINEモバイル1480円
マイネオ1510円
QTモバイル1550円
イオンモバイル(4GB)1580円
BIGLOBE1600円
IIJmio1600円

動作確認端末は必ずチェックしよう

格安SIMを購入する際には、必ず動作確認端末をチェックする様にしましょう。

おそらくどのSIMでも大体の端末は対応していると思いますが、万が一使用できないとなると大変です。

大体の会社はホームページ内に「動作確認済み端末」という様な欄が、見やすい所に設置されていると思うので、そこであなたの端末が対応しているのか確認してみて下さい。

まとめると

今回はオススメのau回線3GB格安SIMを紹介してみました。

今回の内容をまとめると、

という感じになります。

あなたに合った格安SIMを選び、お得に生活しましょう。