【経験者が語る】高校中退&ニート生活者はバイトに受かるのか|オススメな場所も紹介

【経験者が語る】高校中退&ニート生活者はバイトに受かるのか|オススメな場所も紹介

オフ 投稿者: sesera

こんにちは、1年も経たずに高校中退したせせらです。

今回は、高校を中退した人でもバイトに受かるのかについて書いていこうと思います。

また、狙い目の業種受かる確率を上げるポイントなども紹介するので、良かったら見てみて下さい。

高校中退でも受かる

いきなり結論ですが、高校中退をしていようと普通に受かります。

雇われる確率は多少低いかもしれませんが、時間に余裕があるという点から普通の高校生よりも重宝される事も珍しくないです。

「遅刻しない」「仕事をしてくれる」「問題を起こさない」これらの条件を満たしてくれる人と思われれば受かります。

ただ、高校中退という点が引っかかる人も少なくないので、履歴書や面接では真面目アピールを必ずして下さい。

面接や履歴書でのポイント

私の経験談ですが、高校中退というだけで「もしかしたらヤバい人じゃね?」と疑われる事があります。

なので、履歴書や面接では「高卒認定を目指しています」や「自動車学校の費用が必要で、、」という様に、真面目な人ですよアピールを必ずして下さい。

そして、「自由な時間が沢山あるので、急に人手が必要になっても出れます」という様な、あなたを雇うための大義名分を与えて下さい。

なぜ学校を辞めたの?と聞かれた時

面接で学校を辞めた理由を聞かれる事があります。

私の場合は意外と聞かれなかった事が多いのですが、対策をはしておいた方が良いでしょう。

辞めた理由は人によって様々ですし、言いにくい場合もあると思います。

そういう場合は適当にそれっぽい事を言ってください。

正直に語っていく内に感情が高まってしまい、長々と重い話を語り続けるという事はしない様にしましょう。

逆に、こちらは嫌がっているのに相手からしつこく聞かれる場合は、「嫌です」ときっぱり断って違う所を探しましょう。

そういう職場は大体地雷です。

狙い目の職場

狙い目の職場は「サボる人がいそうな職場」です。

私は某運送業者でバイトをした事があるのですが、大学生が飲み会か何かで夜更かしをしてしまい、朝の仕事に遅刻するか最悪バックレてしまういう事が多々ありました。

そのような所なら時間に余裕がある人は重宝されますし、アルバイト枠が余っている可能性も高いです。

なので、「学校が近く、朝から業務がある所」があったら積極的に応募しましょう。

もちろん遅刻厳禁ですが、慣れてしまえば早起きもなかなか良いですよ。

生活習慣が改善されますし、午前中の退勤も得した気分になれます。

オススメの職場

私個人の主観ですが、一応オススメの職場を紹介します。

オススメな所

  • スーパーの接客が無い担当
  • ネカフェ

止めといた方が良い所

  • コンビニ全般
  • 牛丼チェーン
  • 引っ越し

あくまで傾向の話なので、予想以上に辛い事もありますし楽な事もあります。

実際に体験してみないと分からない事もあるので、自分に合う物があるまで色々試してみるのが良いと思います。

変な職場だったらすぐ辞めて違う所行こう

変な職場だったら速攻止めて他の所に行きましょう。

辞めにくい場合もあると思いますが、嫌々続ける方が良くないです。

「親の都合で引っ越しします」や「就職が決まりました」とかでも大丈夫なので、適当に辞める理由を作ってください。

私は利用した事がありませんが、退職代行サービスという物もあるらしいです。

職場は嫌だけどバックレるのも何か嫌だ、という場合は利用してみても良いと思います。

所詮アルバイトは運【数撃ちゃ当たる】

学歴とか関係なく、誰であろうと受かる時は受かりますし落ちるときは落ちます。

なので、もし落ちたとしても「運悪いなー」くらいに思って下さい。

職場選びとアピールさえしっかりしていれば、そのうちすぐに受かります。

ネットで仕事をする事も可能

ネット上の仕事なら場所を問わずに仕事ができます。

自宅に居ながらでも、旅行をしながらでも作業ができるので、人とあまり関わりたくない場合はPCで仕事をするのも候補に入れてみて下さい。

ですが、YouTuberや投資で大金を稼ごうと言っている訳ではありません。

時給換算するとバイトの半分程度ですが、クラウドソーシングサイトなどで仕事を受注して、やった分だけ確実に貰える物をやりましょう。

クラウドソーシングとは、簡単言うとネット上でバイトを受注できるサービスです。

データ入力やアンケートなどの簡単な物から、イラスト作成やプログラミングの様な専門的な物もあります。

YouTuberや投資などは、確実な収入を得てから始めて下さい。