【恥ずかしい】カフェなど外でパソコンを弄れない人にオススメの場所

【恥ずかしい】カフェなど外でパソコンを弄れない人にオススメの場所

オフ 投稿者: sesera

こんにちは、せせらです。

いきなりですが、HSPってご存じですか?

簡単に説明すると、五感が敏感で無意識に色々考えてしまう人の特性をHSPと言います。

私もHSPだからなのか、外でPC作業をしたくても、カフェなどでパソコンを弄るのが精神的に辛いんですよね。

時には勇気を出してカフェに入ったとしても、鞄からPCを出せない事もあります。

さて本題に戻りますが、今回は外でPCを弄れない人向けにオススメの場所対策方法などを書いていこうと思います。

オススメの場所

外向的HSPの私が、実際に試してみて良かった場所を紹介します。

時期や環境によっては難しい場合もあるので、ご了承下さい。

景色の良い場所に駐車した車内

山の景色と駐車している車

いきなり人を選ぶ方法ですが、車を持っている人は試して欲しいです。

冬や夏は難しいと思いますが、山の麓や堤防など、景色の良い場所で自然の音を聞きながら作業をすると捗ります。

そして作業に疲れてしまっても、気分転換の散歩を楽しむ事も可能です。

私の場合は小さい軽自動車でしたが、ミニバンや普通車などがあると尚よいですね。

温泉などのリゾート施設

銀山温泉の景色

私だけかもしれませんが、温泉の大広間的な場所ではリラックスをしてPC作業ができました。

カフェなどとは違い、「精神的ストレス」を感じないからでしょうか?

作業に疲れても、温泉に入ってリフレッシュをする事が可能です。

場所によってはコンセントが使える場合もあるので試してみてください。

ネカフェなど、遮られている所

ネットカフェの画像

完全でなくとも、仕切りなどがある場所だとあまり周りを気にせず作業ができます。

ただ、周りの人の物音や咳などが気になってしまうので、基本的にイヤホンを付けながら作業をしています。

ですが座席によっては腰が辛かったり、雰囲気が好きじゃない人もいると思うので、好みは分かれると感じました。(個人的には温泉などで作業をする方が好きです。)

カフェレストラン-ガスト(お店に迷惑にならない様に)

「カフェレストラン」と付いている方のガストも良かったです。

時間帯は午後2時頃に行きましたが、勉強やPC作業の場所として使っている人が意外と居ました。

ただ、場所によっては完全にレストランとして使用されていたり、カフェっぽかったり、若干個室っぽくなっていたりと様々です。

私が利用した所が大学の近くなので、その影響で勉強などがしやすい雰囲気だったのかもしれないですね。

あくまでお店に迷惑にならない程度に試してみてください。

カラオケ

カラオケをしている女性

PC作業に必要な環境が整っており、ドリンクバーやカラオケで気分転換も可能です。

ただ、場所によってはテーブルの位置が低く、腰が辛くなる事もあります。

たまに壁が薄い事があり、作業に集中できない場合もありますし、天気の良い日だと何か損をした気分になるので、個人的には他の場所の方が好きです。

スーツなど仕事着で作業する

権威性のイメージ画像

もはや場所ではないのですが、スーツなどの仕事着でPC作業をすると精神的に辛く感じませんでした。

私だけですかね?

私の場合は「気取っている感」が精神的に辛くなる原因なのかもしれません。

ガチガチのスーツでなくとも、あくまで仕事感が出る服装であれば大丈夫だと思います。

楽になる工夫の紹介

ここからは、精神的に少し楽になった工夫を紹介します。

100均などで手に入る物もあるので、試し感覚で使ってみてください。

イヤホンを使用する

黒い完全ワイヤレスイヤホン

HSPだからかもしれませんが、イヤホンをすると多少楽に感じます。

HSPの人は感覚が敏感なので、イヤホンなどを使用して物理的に感覚を制限すると楽になります。

ですが、私の場合だと今度は音漏れしていないかが気になるんですよね。

何度もイヤホンを外して確認をしてしまいます。

ですが、それでも付けないよりは楽にはなるので試してみてください。

タブレットPCを使う

タブレットに絵を描く写真

人によるかもしれませんが、タブレットPCで作業をするとあまり辛く感じませんでした。

そもそもサイズが小さい点も影響していると思いますが、パソコンでカタカタ音を立てながら作業をしている訳ではないので、「仕事してますよ感」が薄れて楽に感じるのかもしれません。

ただ、タイピングの速度は落ちるので仕事効率は悪くなります。

それと、人によってはタブレットPCの方が注目を浴びそうで嫌な人もいるかもしれません。

光沢画面のPCを使う

光沢画面のノートパソコンを弄っている男性

PC画面の「光沢」と「非光沢」ってご存じですか?

  • 画面に光などが反射したり、自分の顔が映ったりするのが「光沢」
  • 画面があまり反射せず、ぼやけた感じに周りが移るのが「非光沢」

こんな感じです。

光沢画面では、太陽や天井のライトが反射して見づらい点から、世間的には非光沢画面のPCがメジャーです。

ですが、反射するという事は自分の後ろを確認できるという事でもあります。

光沢PCでも、明るい画面だと後ろが見える程には反射しませんし、後ろを確認できた所で変わらないと思うかもしれませんが、個人的には多少安心感がありました。

覗き見防止シートの使用

のぞき見防止シートという物を使う事で、真正面からしか画面を見れなくできます。

シートと言っても、画面に張る物から上に敷いて使う物など種類も豊富です。

「カフェなどで作業をしていると、しょっちゅう周りをキョロキョロしてしまう」
という人だと、シートを使用する事で安心感を感じるかもしれません。

また、高級なPCだとデフォルトで覗き見防止機能の切り替えができる物もあるので、調べてみてください。

ノートPC用のモバイルバッテリーがあると良いかも

モバイルバッテリーの画像

外で作業をする場合は、ノートPC用のモバイルバッテリーがあると安心です。

もし購入する際には、

  • ノートPC自体の「USB Type-C」が「USB PD」に対応している
  • モバイルバッテリーの出力が60W以上くらい
  • ノートPCとモバイルバッテリーを繋ぐUSBケーブルが60W以上に耐えられる

これらの点に注意して下さい。

>USBケーブルに関しては、ノートPC用のモバイルバッテリーに大体付いてきます。

>モバイルバッテリーも最低で30Wくらい出せれば充電できますが、60W付近が一番メジャーだと思います。理想は100W出せると良いです。

>そもそもパソコンのType-CのUSBが、「USB PD」という物に対応していないと充電できません。

余談

普通の人から見たら笑われてしまう内容の記事かもしれませんが、そういう人も居るんだなーと思ってもらえたら嬉しいです。

個人的には、温泉などでソファーに座りながら作業をするのが一番オススメですかね。

同じ感覚の人の助けになれたら嬉しいです。

ちなみに、HSPの人は生き辛いかもしれませんが、逆に特定の分野では人一倍幸せに感じる事ができる特性でもあるらしいですよ。お互い頑張りましょう。